神奈川電設株式会社 業務内容
地上デジタル工事

地上デジタル放送Q&A

サービスについて
どんなサービスやメリットがありますか?
<デジタルハイビジョン>
HD(High Definition)TVとも呼ばれ、 画質の精細さを示す走査線の数が、従来のテレビの2倍以上あります。このため、色彩も美しく、細かいところまでくっきりと見えるので、臨場感あふれる鮮明な映像を楽しめます。また、画面の横と縦の比率が、現行の地上アナログ放送の4:3の画面に比べ、人間の視野に合う16:9になっているので、迫力のある画面で迫ってきます。
<5.1chサラウンド>
デジタル放送の音声はCD並みの高音質です。特に5.1chサラウンド放送では、※専用のアンプと6個のスピーカーで臨場感のある音声が楽しめます。尚、対応番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄などでご確認いただけます。※MPEG2-AAC対応
<データ放送>
地域に密着したニュースや気象情報・災害情報など、生活に役立つ便利な情報を、リモコンのdボタンを押すだけで「文字情報」や「静止画」で、見たいときにいつでも見ることができるサービスです。また、番組内容と連動しているデータ放送が行われている場合もあります。例えばドラマなら、番組を見ながら、あらすじや登場人物を確認したり、スポーツなら、試合経過や選手紹介などを見ることができます。

EPGとは「Electronic Program Guide」という電子番組表のことです。リモコンでEPG(電子番組表)ボタンを押すとテレビ画面にその日から1週間の番組表が表示されます。放送時間や出演者など、最新の番組内容の表示や検索、番組予約を行うことができます。
<字幕放送>
字幕放送とは、セリフやコメントを文字テロップで表示するサービスです。地上アナログ放送の場合は、特別なアダプターが必要でしたが、デジタル放送では受信機の標準機能として、字幕放送を見ることができるようになりました。字幕放送番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄でご確認いただけます。
<双方向>
受信機に※電話回線やインターネット回線をつなぐことにより、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる機能です。リモコンの操作でクイズ番組に参加したり、テレビショッピングなどを気軽に楽しむことができます。※別途、通話料が必要となる場合があります。
<マルチ編成>
地上デジタル放送では、ハイビジョン1チャンネル分で、現行のアナログ放送と同じ標準画質(SD)の2~3番組を同時に放送することができます。これにより、例えばスポーツ中継の延長時などに、メインチャンネルで時間通りドラマを放送しながら、サブチャンネルでスポーツ中継を引き続き行うことも技術的には可能です。
受信について
地上デジタル放送を見るためには何が必要ですか?
地上デジタル放送の受信には、地上デジタル対応受信機器とUHFアンテナが必要です。また、ケーブルテレビを通して受信することもできます。
今使っているテレビで地上デジタル放送を見ることができますか?
お使いのテレビが地上デジタル放送に対応していない場合でも、地上デジタルチューナーまたはデジタルチューナー内蔵録画機を接続すればご覧いただけます。また、お使いのテレビがD3/D4端子付など、ハイビジョン対応であれば、ハイビジョンの高画質な映像が楽しめます。